業務コストの削減にもつながるネットワーク対応印刷機

長年賃貸物件での生活をしていると、よくそれだけ家賃を払うのなら一戸建てもしくは分譲マンションを購入した方が得なのでは無いかということを言われます。
しかし果たして本当にそうなのか少々疑問が残ります。
賃貸はもちろん永遠に家賃が必要な反面、分譲なら支払いが終わればなにも払わなくて済むとはますが、支払いが終わるのには一般的に20年から30年後です。
さらに一戸建てならばその頃にはあちこち傷みも出ている可能性が高いですので、リフォーム費用がかかったりします。
分譲マンションならば共益費や修繕積み立て費といったものが毎月必要ですのでそれも馬鹿になりません。
それに対して賃貸マンション等はそういった修繕費などは当然大家の負担です。
建物が老朽化してきたら別のマンションに引越すという手段もあります。
引越しの費用がかかってしまうのは難点ですが、それを繰り返していれば定期的に綺麗な新築の物件に住み続けることも可能です。
引越すといっても10年前後住み続けたとすれば、10年に一度くらいの引越し費用はしっかり計画してあればさほどの負担にはなりません。
新築の賃貸物件を選択していれば10年程度ではまだまだ建物も綺麗です。
一生という長い目で見てもリフォーム等の費用まで考慮に入れた場合は本当に賃貸物件は損なのかは甚だ疑問です。
もちろん賃貸物件のグレード、購入物件の金額によって違いが出てきますが、現代主流の核家族での生活に必要な一般的物件で考えた場合賃貸の方がお得感を感じられる部分も多々あります。